一人暮らしでも無駄にしない!薬味野菜の冷凍保存方法

薬味野菜の冷凍保存方法




食費の節約のために、自炊をしている人って多いと思いますが、一人暮らしには量が多くて使い切れないのがネギ、しょうがやニンニクなどの薬味野菜です。

私が実際にやっている、そんな薬味野菜の簡単な冷凍保存方法を紹介します。

ネギの冷凍保存方法

ネギの小口切り

小口切りにして、保存容器に入れて冷凍しておきます。

使うときは、凍ったままお味噌汁に入れたり、炒め物に入れるとお料理の彩りが良くなります。

ネギの水栽培

ちなみに、ネギは切り落とした根っこの部分を根の部分だけが浸かるぐらいの水をコップに入れて、浸けておくとまた少し伸びて、もう一度収穫できます\(^O^)/

毎日、水を替えるのをお忘れないようにしてくださいね。

しょうがの冷凍保存方法

カットしょうが

よく洗って、水気をキッチンペーパー拭き取ったら、使いやすい大きさに切ってポリ袋に入れて冷凍しておきます。

冷凍しょうが

使うときはしばらく常温においておいたら解凍できるので、他の食材を切ってるあいだにまな板の端っこに出して置いておくだけで解凍できます。

ニンニクの冷凍保存方法

皮むきニンニク

冷蔵庫に入れておいてもすぐに芽が出てしまい、何よりも臭いがキツいのがニンニクです。

1つずつ皮をむいて、ポリ袋に入れて冷凍しておきます。

冷凍ニンニク

使うときはしょうがと同じく、常温ですぐに解凍できるので、他の食材を切ってるあいだにまな板の端っこに置いておくだけで簡単に解凍できます。

最近はチューブ式のショウガやニンニクも売られていて便利なので、そういった物を使ってもいいとは思いますが・・・

冷凍保存しておくことで、チューブ式のものとは違った使い方ができます。

千切りにしたり、そのまま入れたりといろんな形で料理に使うことができるし、割安だと思うので是非一度試してみてくださいね。

少しでもお役に立てれば嬉しいです(*⌒▽⌒*)
最後まで読んでくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です