365日貯金とは?貯金が苦手でも楽しく続けるコツは?

365日貯金




365日貯金って聞いたことありますか?
わたしは以前にチャレンジしたことがあったんですが、1年って意外と長くて・・・
結局、年末に「あ~そんなこともしてたなぁ」って感じで最後まで続いたことがなかったんです。

でも、そんなわたしが初めて365日貯金を最後までやり遂げることができました\(^O^)/

今回は私の失敗談を含めて、わたしなりの成功の秘訣をご紹介したいと思います。

365日貯金とは?

365日貯金とは、1~365の数字を書いてた表と作って、貯金箱に入れた金額と同じ数字を毎日1つづつ塗りつぶしていく小銭貯金のことです。

1~365までの数字を順番に1+2+3+・・・って足していくといくらになるでしょうか?
1年後には66795円になります!

1年で結構な金額になりますよね?!
何もしないと1円も貯まりませんが、少しづつでもやってみる価値はあると思います。

365日貯金のやり方

①貯金箱と365日貯金シートを用意する

貯金箱
貯金箱は自分が気に入ったものなら、どんな貯金箱でもいいと思います。
例えば、インスタントコーヒーの空き瓶でも、100均で売ってる貯金箱でもタッパーでも

大きさも特にこだわらなくてもいいと思いますが、あまり小さい貯金箱を使うとすぐにいっぱいになってしまって、その都度銀行に持って行く手間がかかるのである程度の大きさのものを用意するといいと思います。

貯金箱

365日貯金シート
365日貯金シートは1~365までの数字を1枚の紙に書いた表なので、手帳の1ページを使って手書きで書いてもいいし、エクセルで作ってもO.K.です。

1枚の紙に書いた表っていうのが重要です。
わたしが以前、365日貯金にチャレンジしたときに失敗したのでここなんです!!
当時、わたしはほぼ日手帳を使っていて、毎日のページに1~365の数字を書いて貯金していたんですが・・・

そもそも出張が多く、毎日貯金箱にお金を入れることができない状況だったし、あまり見返すことがなかった毎日のページに書いたの挫折してしまった原因だと思っています。
今は、ほぼ日手帳ではありませんが、手帳の1ページにシートを貼っています。

無料でダウンロードできるサイトもあるので、モチベーション維持のために自分好みのシートを用意することをおすすめします。

365日貯金シート

②マイルールを決める

365日貯金の基本的なルールは1日1つ好きな数字と同じ金額を貯金箱に入れて、その数字を塗りつぶしていくということなんですが・・・

この方法は「わたしには合わないなぁ~」と思ったので、わたしなりにルールを変えてみました。

毎日貯金しなくてもいい!金額もこだわらない!ってことにしました。
出張が多いので毎日貯金箱を持ち歩くわけにいかないので、毎日は無理!
その代わりに気が向いたときに金額にはこだわらずに貯金箱にお金を入れることにしました。

なのでしばらく貯金しないときがあったかと思ったら、臨時収入があった時に思い立って、いきなりお財布にある1000円を貯金箱に入れたりしていました。

この方法だとノルマ感もないし、シートの数字を塗りつぶしていくのでシートの色がドンドン変わっていくとゲーム感覚で達成感もあったのでわたしにはピッタリでした。

③貯まったときに何に使うか決める

使い道を決めておくことは絶対ではないですが、決めておいた方がモチベーション維持につながると思います。
もちろん、具体的なことでも、漠然としていることでも何でもいいと思います。

365日貯金達成!

こんな感じで、ゆる~くコツコツとしていた365日貯金ですが、遂に達成しました!!

2018年12月10日に始めて、2019年11月14日に無事銀行に入金しました\(^O^)/
「1年かかってもいいかなぁ~」って思ってましたが、1年かかりませんでした。

毎日、貯金箱にお金を入れなくちゃ!って思ってストレスを感じずに軽い気持ちで取り組んでいたのが成功の秘訣かなぁ!?って思います。

とにかく始めてみよう

何事も長続きしない、しかも飽き性のわたしが達成できたので、きっと達成できますよ。

しばらく忘れていて、貯金できていない時があってもいいじゃないですか!?
また、思い出したときから再開すればいいと思います。

実はわたしも何ヶ月か忘れていて、お財布が小銭でいっぱいになったときに、「あっ!貯金箱に入れておこう!」って感じで思いだして再開したことも何度もありますよ。

止めてしまったら失敗になりますが、何年かかっても続ければ達成できます。

「貯まったら○○しよう!」って思いながら続けてると楽しいかも!?
ぜひ今日から始めてみてくださいね。

節約、貯金を頑張ってる人の参考になれば嬉しいです。
最後まで読んでくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です